【脚本家】羽原大介の過去作品の評価は?意外な世間の声を徹底調査!

羽原大介

「脚本家羽原大介の過去の作品は何がある?」
「脚本家羽原大介の過去作の評価や世間の声は?」

これらの疑問にお答えします!

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」で有名な脚本家の羽原大介さん

実はかなりの売れっ子脚本家で過去には数多くの作品の脚本を手掛けています!

そこで脚本家羽原大介さんの過去作品の評価や世間の声を徹底調査しました

スポンサーリンク
目次

【脚本家】羽原大介の過去作品

ここでは映画、ドラマの有名な作品に絞りピックアップしました!

それでは早速羽原大介さんの過去作品を見ていきましょう!

テレビドラマ

  • とんび(2012年 NHK「土曜ドラマスペシャル」)
  • ダブルフェイス 潜入捜査編、偽装警察編(2012年、TBS・WOWOW共同制作)
  • マッサン(2014年 – 2015年、NHK「連続テレビ小説」)

映画

  • パッチギ!(2005年)

以上が脚本家羽原大介さんの代表的な作品になります。

こうして見てみるとかなり有名な作品を手掛けてますよね!

皆さんの中には観た事がある作品もあり、すでに頭の中で各作品の採点が始まっていそうです(笑)

スポンサーリンク

【脚本家】羽原大介の過去作品の評価や世間の声

とんび(2012年 NHK「土曜ドラマスペシャル」)

この作品は重松清の小説が原作となっています。

妻を亡くした父親が様々な困難に直面しながら、男手一つで息子を育てていく半生と親子の絆を描いた作品です。

本作品は東京ドラマアウォードの2012作品賞優秀賞を受賞するなど一定の評価を得ています!

映画版との比較のために、改めてTBS版とこちらのNHK版を視聴。世の中的にはTBS版を推す声が多いのかもしれないが、
私はこのNHK版が一番いいと思う。まず、ヤスの魅力が最も伝わるのがこのNHK版だと思う。
ぶっきらぼうながらもアキラを一生懸命愛情深く育てる様子が一番伝わってくる。また、頑固オヤジな感じがとても自然。
加えて、驚いたのが、広島弁が板についていること。
普段バリバリの関西弁の堤さんがあれだけの広島弁を話せるとは。
中国地方出身の自分が聞いてもあまり違和感がない見事な広島弁だった。
古田新太の広島弁もなかなかのものだった。
セットやロケ地も含め、広島のローカル色も一番出ていたと思う一方で、時間の制約があったからだと思うが、アキラが大人になってからのエピソードはかなり端折られており、結婚の経緯などはTBS版で見た内容をイメージしながら見ると理解が深まる。アキラについては、池松くんと佐藤健くんは甲乙つけがたい。
北村くんはどうかなぁという感じ。アキラが結婚するまでの親子のふれあいに関しては、このNHK版が一番魅力的に描いていると感じた。アキラが上京するシーンとか、就職の作文のシーンとかは泣ける。放送回数が少ないので知名度は一番低いが、名作なので、もっと多くの人に見てほしいと思う。

引用:とんび – ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarksドラマ

絶対、NHK版が一番いいと思う。民放版もよかったけど、こっちが良い。役者、映像、全部いい。音楽もいい。エンディングのモノクロ写真もいい。映画はどうなんだろう?

引用:とんび – ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarksドラマ

かなり評価が良いようです!

ダブルフェイス 潜入捜査編、偽装警察編(2012年、TBS・WOWOW共同制作)

麻薬密売組織に潜入する捜査官と警察官に成りすまし組織に情報を流すスパイをそれぞれ主人公とし、警察と犯罪組織が繰り広げる攻防や二人の宿命的な出会いと闘いを描いた作品です。

こちらの作品も東京ドラマアウォード2013で単発ドラマ部門でグランプリを獲得するなど評価は高いようです!

概ね評価は高いですが、韓国の原作のリメイクという事で「そのまま」なんて声もあり一部では不評の声もあるようです!

マッサン(2014年 – 2015年、NHK「連続テレビ小説」)

実在した竹鶴夫妻をモデルとし、大正時代、ウイスキーづくりに情熱を燃やす酒屋の跡取りがスコットランドの女性と国際結婚し、お互いが異なる文化を学びながら成長していく姿を描く。

視聴率は8週から11週の期間以外全て20%の大台をキープし続けるという評判ぶりです!

世間の声はどうでしょう!

はじめてちゃんと見た朝ドラで、今でも一番好きな朝ドラです。特に後半は毎日涙でした。

「私は亀山エリーです!」のシーンは思い出すだけで鳥肌です。

引用:マッサン – ドラマ情報・レビュー・評価(ネタバレなし) – 3ページ目 | Filmarksドラマ

シャーロットさんの演技力は満点だったんだけど 脚本特に前半「私と仕事どっちが大事なの」ネタ多用したり夫婦ものなのに夫婦の機微に興味無い感じ(笑)にイライラしたので減点。

引用:マッサン – ドラマ情報・レビュー・評価(ネタバレなし) | Filmarksドラマ

作品自体の評価はかなり高いですね!

当時はウイスキーが売れたりと社会現象にもなってました!

さらに、羽原大介さんの大学時代の同級生である吉本ばななさんは以下のように語っています。

「羽原氏の大学時代の同級生でもある作家・吉本ばななは、’14年に羽原氏が手掛けた朝ドラ『マッサン』について『彼の脚本の特徴は、ある地点から突然全部の伏線が花開いて、人物が生き生きとし出すところ。人物造形がハンパなくきちんとしているから、どんな出来事にも土台があるし、安心して観られるのにひとひねり深い展開になる』と賛辞を惜しまない。

引用:辛口批判相次ぐ朝ドラ『ちむどんどん』壮大な伏線回収で評価一変か | FRIDAYデジタル (kodansha.co.jp)

人物描写に長けていると賞賛されていますね!

やはり脚本家としては一定の評価を集めているのでしょう!

パッチギ!(2005年)

日本人の少年と在日コリアンの少女との間に芽生える恋を中心とした青春映画。

この作品は日本アカデミー賞優秀作品賞をはじめとする映画賞を数々受賞しています!

かなり高い評価を受けています!

もう何度見たかわからないくらい見てる。でも毎回感動。井筒監督の全てが結実した最高傑作。パワーをもらえる。これはちょっと凄すぎる。

引用:パッチギ! – 映画情報・感想・評価(ネタバレなし) – 5ページ目 | Filmarks映画

全く知らなかった。。。
知るべき過去。知るべき日本の歴史。在日朝鮮人と日本人とのお話だけど、青春映画っぽくて見やすくて、でも深い。
終わったあとに、考えさせられた。

パッチギ! – 映画情報・感想・評価(ネタバレなし) – 10ページ目 | Filmarks映画

社会派な一面もあり、世間の評価も高いです!

ここまでを見ると羽原大介さんが脚本として関わった作品は概ね高評価でしたね!

スポンサーリンク

まとめ

以上、【脚本家】羽原大介の過去作品の評価は?世間の声を徹底調査しました!

今回調査した4作品はどれも概ね高評価でしたね!

ただし、どんな作品、監督、俳優、脚本家であろうと万人受けする人はいません!

今後も賛否が飛び交う事になると思いますが、様々な作品を世に送り出してほしいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次