【画像】金子大地の坊主頭がかっこいい!と「鎌倉殿の13人」の姿が話題!

金子大地

「金子大地が【鎌倉殿の13人】で見せた坊主頭が見たい!」
「金子大地の坊主頭の世間の反応は?」

「坊主頭を披露する事になった役柄は?」

そんな疑問、ご要望にお応えします!

俳優の金子大地さんが大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で見せた坊主頭姿がかっこいい!美しい!とかなり話題になってますね!

そこで金子大地さんの坊主頭姿について画像含めて徹底調査しました!

スポンサーリンク
目次

【画像】金子大地の坊主頭 鎌倉殿の13人

それでは早速、金子大地さんの坊主頭の画像を見ていきましょう!

いかがでしょう?

話題になるだけあって坊主姿でもかっこいいですよね!

というより、むしろ髪の毛が無い分、輪郭や顔のパーツで勝負する事になります。

見て分かる通り、どれだけ目鼻立ちが整っているかが証明される事になりましたね!

金子大地の坊主姿の世間の反応

この金子大地さんの坊主姿での登場によりネット上ではかっこいい!美しすぎる!坊主似合い過ぎ!など絶賛の声が数多く上がっています!

そこで金子大地さんの坊主姿の世間の反応をまとめました!

これでもほんの一部ですが、金子大地さんの坊主頭に関する世間の声です!

かなり絶賛の声が多いですよね!

むしろ坊主姿の方がイケメンだなんて声もあるくらい。

さらに注目したいのは今回の金子大地さんについての印象は坊主頭の見た目だけが話題になっているのではありません!

演技に対しても絶賛の声が集まっています!

そこで金子大地さんが坊主頭になった役柄、演技についても触れておきます!

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人での金子大地の役どころと演技

金子大地さんが坊主頭を披露した役どころを見ていきましょう!

※以下、ネタバレあり

 第32話は「災いの種」。奇跡的に息を吹き返した2代鎌倉殿・源頼家(金子大地)。頼家危篤の報が届いた後鳥羽上皇(尾上松也)は、ある考えを巡らす。政子(小池栄子)のもとには北条義時(小栗)らが集まり、新たな体制について話し合い。そんな中、比奈(堀田真由)は1人、思いにふける。先を見据えるりく(宮沢りえ)は夫・北条時政(坂東彌十郎)に京との関係をより深めるよう説き、愛息・政範(中川翼)も胸が躍る。そして、三浦義村(山本耕史)は…という展開。
 義時は「頼家様がすべてを知れば、北条をお許しにはならない。ここは頼家様が息を吹き返される前に戻す。それしか道はない」と決断。次の鎌倉殿に、実衣(宮澤エマ)が乳母を務める頼家の弟・千幡(嶺岸煌桜)擁立は揺るがない。
義時は頼家と側室・せつ(山谷花純)の息子・一幡(相澤壮太)が警護の兵を振り切り、燃え盛る比企館に戻ったと政子に報告。政子は「一幡を助けると誓ったではないですか。嘘。初めから助ける気などなかった。義高の時と同じ。北条は比企の敵。生きていれば何をしでかすか分からない。だから葬った。違いますか」と憤慨、義時の頬を張った。

政子「あなたはわたくしの孫を殺した。頼朝様の孫を殺した」
義時「一幡様には、いてもらっては困るのです」
政子「頼家も殺すつもりですか」
義時「(首を横に振る)」
政子「もうあなたを信じることはできません」
政子自ら頼家に“真実”を打ち明けた。
頼家「比企が滅んだというのですか。ということは、せつはこの世にはもういないということですか。一幡も。信じられません。なぜだ」
政子「誰もあなたが助かるとは思ってなかった。二度と目を覚ますことがないと悟った比企の一族は、館に火を放ち、命を絶ちました」
頼家「(涙ぐみ)なぜ死なねばならんのですか。まやかしに決まっている」
政子「あなた1人を死なせることはできなかったのでしょう」
頼家「本当は何があったのですか。教えてください」
政子「本当のことです」
頼家「北条の奴らだ。あいつらが比企の舅殿を、せつを、一幡を」
政子「あの人たちは、自ら命を絶ったのです」
頼家「そんなわけがないではないか。(肩に触れる政子に)やめてください」
政子「忘れるのです」
頼家「できません」
政子「断ち切るのです」
頼家「できません」
政子「何のために生きながらえたか考えて」
頼家「(息子の)善哉は」
政子「あの子は無事です。三浦が守っています。(正室の)つつじも。安心して。だから」
頼家「離せ。近寄るな!出ていけ!北条をわしは絶対に許さん!(政子を指差し)おまえもだ!出ていってくれ。お願いだから。出て行ってくれ(泣き崩れる)」

そして、頼家は和田義盛(横田栄司)と仁田忠常(ティモンディ高岸宏行)を呼び出し、事情聴取。能員討ちを命じたのが時政と分かり「許せん。和田に仁田、時政の首を取って、ここに持ってまいれ。あいつがやったことは謀反と変わりがない。討伐するのだ」と怒りは収まらない。

実際に能員に手を下した忠常は、頼家と時政の板挟みの末に自害。義時は伊豆・修善寺への頼家追放を決心した。

頼家は「嫌だ!わしはここを動かない。北条の言いなりにはならん!分からないのか三浦(義村)、比企の次は三浦だぞ、和田だぞ!」と必死の抵抗。足がふらつき、廊下に倒れ込む。「あーーー!父上、これでよいのですか。本当にこれで…」と慟哭した。

「建仁3年(1203年)10月8日、千幡の元服の儀式が盛大に行われる」「一方、頼家は鎌倉を離れ、伊豆・修善寺へと送られた」「新たな鎌倉殿、3代将軍・源実朝の誕生である」(語り・長澤まさみ)

「鎌倉殿の13人」目覚めれば生き地獄…頼家の慟哭にネット涙&悲痛 金子大地の圧巻演技に絶賛の声続々― スポニチ Sponichi Annex 芸能

非常に痛々しい流れですよね。

ここに金子大地さんの坊主頭の美しさがギャップを生み、より無常さを演出する事になったのでしょう!

ここでの金子大地さんの演技には賞賛の声が集まっています!

金子大地さんの演技力はかなりの高評価を受けているようです!

「とうとう金子大地が世の中に見つかった」とまで言われているほど。

坊主頭が話題になっていますが、それ以上に演技力が注目されている金子大地さん。

おそらく今後、金子大地さんはドラマ、映画など各方面から引っ張りだこになる事が予想されますね!

スポンサーリンク

まとめ

【画像】金子大地の坊主頭がかっこいい!と「鎌倉殿の13人」の姿が話題!についてまとめました!

金子大地さんは坊主頭でもかなりのイケメンっぷりでしたね!

むしろ坊主頭の方がかっこよさが際立つとまで言われています!

坊主頭を披露する事になった役柄ははまり役で、演技に対する評価も集めました!

ますますこれからの活躍が期待される金子大地さんを応援していきましょう!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次